2020年の気づきを書きつつ、ご挨拶。良いお年をお迎えください。

天使 ご挨拶

みなさま、こんにちは。

2020年もあと数時間で終わります。

こないだ新年がスタートしたと思ったら、あっという間にまた新年を迎えるなんて(笑)

ちょっとだけ、今年を振り返りつつ、気付いた事を書いていきたいと思います。

 

2020年の気づきを書きつつ、ご挨拶。良いお年をお迎えください。

今年は、緊急事態宣言とはじめての事ばかりを経験しました。

医療関係の方、私たちの食料を運んでくれている運送会社さんやその他、たくさんの方が誰かのためにと行ってくれた年でもあったのではないでしょうか?

やってくれるのが当然とかお金を出せば得られるといった考え方の切り込みにもなったように思います。

 

お金で当たり前に得られるものの限度や思考を見つめるきっかけ。

今年は見方を変えてみれば、
【お金を出せば、得られるんでしょ。】
という傲慢な、おごるような感覚にあった世の中の流れや人の考え方、自分の中にある欲望の大きさに気付く事を促してくれていたとも思います。

例えば、この記事【来年への準備に向け、変化とエネルギーの流れをみてみる。外側から内側の個性や強みが輝くように。】にも書きましたが、
夢のチケットで得られる体験が、自分が思い描いた理想のカタチ・・・・・が保証されるまでを求めている傾向が今までです。

ポイントは理想のカタチ・・・・・という部分。
自分のわがままが通るか・通せるかというマウントがあったように思います。

例えば、
あるスマートフォンは、使い方に関して、今までのように携帯ショップでは教えてくれません。
スマートフォンの使い方は、製造している会社へ問い合わせをするといった方法がとられています。

が、いくら携帯ショップの店員さんが

「ここでは案内しかねます」と言っていても、

「そんなのおかしいだろ!携帯売ってんだから、それぐらい勉強しろ!」というお客様が多いです。

これ、単純にして表すと、歯医者さんに胃腸を治してくれと言っているし、ラーメン屋さんなのにオムライス出せと言っているのと一緒。

しまいには、

「医学部でているんだろ」
「調理できるんだろ」

と言っているのと一緒なんですよね。

んーなんとも言えないですね;

この言い分をお金で得られる当たり前なことと求めつつある流れでした。
お金の価値、人の思考、傲慢さ、そして、未来への目の向け方や個々の奥の部分が明確に浮き出てきた時期でもありました。

本当に必要な物は、自分にとって何かを考える時期。自分の中の欲望のお大きさ。

例えば、お金が必要以上に欲しい。というのはお金を使いたいという欲望がほとんど。
それが満たされた場合、もっともっとと欲望が大きくなり、次第に傲慢になって、そしていつも満たされないという状況を作り上げていきます。

“ 水を飲んでも、飲んでも喉が渇く ”

ここに気付き、自分と向き合う事が出来た時、自分の中の欲望の大きさに初めて気付く事ができるのではなかと。

  • 今、温かい部屋にいること。
  • ごはんが食べれること。
  • 朝を健康に迎えられること。
  • 無料で提供してくれるコンテンツ。
  • 信号や交通機関が運用してくれていること。
  • 食べ物がスーパーなどに並べられていること

すこし昔であれば、この当たり前な事さえできない・当たり前ではなかった時代でもあったわけです。

当たり前の有難さ。物がありふれた中の貧困化。

私たち家族は、東日本大震災を水戸で体験しました。

水戸では当時、被害は大きくないものの、食事の調理やトイレなどの不安を持った生活をしました。いつもなら全く気にしない所です。

信号や道が当たり前に運用され、正常にあるということやスーパーに食品が並んでいる事、電気が流れていることなどの今では当たり前としている事のありがたみを痛感しました。

けれど、時が経てば、その有難いことは当たり前と化して、もっと先の当たり前を得ようとします。

そして、その当たり前が “ 豊かさ ” と見ている概念がアップデートされながらカタチが出来上がっていきます。

特に今、アップデートされた概念に自分が入る事ができない時、
“ 仲間外れ・孤独 ” と言った感覚に襲われ、未来へ歩むことさえ考える事を止めてしまう人が多くいます。

物が豊かになったが故の貧困化
豊かさ故に、目の前にある“ 幸せ ”に目を向けるのを私たちは忘れてしまったのかもしれません。

目に見えない力に導かれている、【お陰様】という言葉にあるスピリチュアルな事。
スピリチュアルに携わっていると、目に見えて現実面で不思議な事が起こったり、体験したり、面白い話や、私の知らない世界のお話なんかを聞くことがあります。特に、スピリチュアルを実感する瞬間というのが、 縁と縁が繋がっていく感覚 巡ってきた縁が

 

人や世間が欲望のためにアップデートした豊かさはあなたにとって必要な物ですか?

アップデートされた概念は自分にとって、必要・未来なのかを一度、自分の心に問いかけてみてください。

例えば、
【ブランド品を持つ事はステータス】と言った当たり前は、自分にとって間違いなく必要な物でしょうか。

ここで言いたいのは、極端ですけど、ブランド品を持つのがいけないと言いたいわけではありませんので悪しからず。
意味が何なのかというのが重要です。

ただ自慢したい、まわりが持っているからと流されてブランド品を持つのか。
それとも、デザインが好きでとか幼いころから初給与で購入すると夢見ていたとか。

主体性があるのかないのかでは全く違い、物への扱い方にも差が出てきます。

 

欲望を満たすだけの意味になっていないだろうか、
欲望や概念にこだわりすぎていないだろうか。

豊かさとはいったい何か。
“今”という基本的なもの。

お金や見た目では得ることができないもの。
有難いとはなにか…と考えるきっかけになった1年でもあったように思います。

2020年、大変お世話になになりました。2021年もマイペースに頑張ります。

そんな苦しい状況の中でも、こうして笑顔で、心も体も健康に過ごす事ができたのは皆様が支えてくださったからだとも思っています。

お仕事では、少しずつ、一歩ずつですが、【誰かのきっかけ】になることもでき、心が美しく、エネルギーに力や朗らかさをもつ素敵なお客様にたくさん出会えた1年でもありました。

プライベートの方では、たくさんの出来事が起こりましたが、個々で自立し、天界のサポートもあり、平穏に生きる事ができました。

生きるというシンプルなことがとても難しい流れにある今、
Bellとして“ 誰かの人生の中の一ページ ” に加わることが出来たのはとても嬉しいことであり、意味のある事であります。

来年も、マイペースにコツコツ今できる事を行って、着実に積み上げていこうと思います。

みなさまの2020年はどのような1年でしたでしょうか?

2021年も、あと何時間かでやってきますが、よいお年をお迎えください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました