黒い影に関係していた人。悪夢の解消に向けて、浄霊を行う

天使のスピリチュアルブログ

前回、私の若かりし頃に起きた黒い影のお話しをしました。

さて、この黒い影の正体を突き止め、悪夢の原因を解消していくのですが、まさか、重要視するのは黒い影ではなく、もう一人の尼さん。

以前の呪いが関係している事もわかりました。

 

 

 

黒い影に関係していた人。悪夢の解消に向けて、浄霊を行う

前回、悪夢について少し触れた内容にさせて頂きましたが、今回は解決に向けて行なっていきました。

前回のお話↓

あの頃、毎日見ていた悪夢の原因を見に行ってみる。
以前から私は怪奇現象や霊障、悪夢を多発的に見ていました。その原因の一つとして、前世からの呪いも関係していました。今回は、その頃に受けていた悪夢の中でも印象深い、黒い影に覆いかぶされたという怪奇現象の原因を探っていったお話になります。当時の記

 

黒い影と大騒ぎした頃の過去を見に飛びます。

すると、寝ている私の姿が見えました。

 

あーこんな風に寝てたよなぁー。

と思いながらその光景を見ています。

 

ん?そういえば、この目線で自分を見た感覚があるなぁ〜…?

と以前、私が今見ている光景と同じ目線の映像を見た事がありました。

その時は特に意味がないのかもと思いながら過ごしていましたが、まさかこのタイミングで同じ光景を見るとは思いませんでした。

 

んー、なんでだろう?

と不思議に思っていると過去の私の体の上に大きな黒い影が乗ります。

 

うわぁー…おっきいなぁー…

黒い影が私の手首をしっかり押さえつけるようにまたがります。

アラジンの魔法のランプから出てくる魔人や弁慶とか、そのような類の大きさです。

こうして第三者目線からその暗い影を見ても大きいなぁーと感じます。

 

当時の私は、

"大きい黒い影が乗ってた"

というのを聞いていたので、実際にこうして黒い影をマジマジと見るのは初めです。

 

その時に伝わってくるエネルギーが今の私に伝わってきました。

 

ソゾッ…

 

うっ…気持ちが悪いし…重たい…

その黒い影の存在感にびっくりしましたが、黒い影に隠にいる人物を発見した途端、

また、

ゾゾ…

と背中が震えました。

 

ん?だれか…いる?

黒い影の後ろに重なるように何かいる気配がしました。見えにくい角度の為、もう少し周りからみていきます。

すると、女性らしき感覚がしました。


え、尼さん?!

黒い影に重なるようにいた者は綺麗な尼さんでした。
肌の白い、細身で女性とわかるような感じの人。

 

…尼さん…どうしてここに?

 

私は、尼さんと縁があったかと過去世を見てきた中で一致するものがあるか色々と考えてみるのですが…

思い当たらない…

 

すると、一つの映像が見えてきました。
見えた映像というのも、以前、私に呪いをかけていた人の映像です。。

 

…え?!…まさか…?

 

 

前世も今も短い短編ドラマなのかもしれない

世界は狭いと言うものですが、本当にそれだな。と思ってしまった瞬間でした。

前世も今も、もしかしたら短い短編ドラマなのかもしれないなーって…キザでしょうか(笑)

 

あの尼さん…呪いの時の?!

実はブログ内では省略した部分でもありましたが、私が受けていた呪いの原因の人は尼さんとの関りがあったのです。

呪いがかかっていた事はコチラの記事

 

リーディング中

あの時いた人?
→YES

やっぱり…

恨みがあるのかな?
→YES

なるほど、、、今の私には心当たりはないですけども、この状況から恨まれているのだと私も感じます、、、

では、ほかの所も情報を集めないと、、、
黒い影について聞いていこう……

リーディングを進めていくうちに、
重要視していくのは黒い影ではなく、尼さんのほうということがわかっていきました。

恨みの中に悲しさを感じる表情

この尼さん、恨みを持っているはずなのに、悲しさを表情とエネルギーの状態から感じました。

 

この尼さん、なんでこんなに悲しそうな顔をしているんだろう。

その表情がとても印象的で、この人にはもっと深い何かがあるのだろうと思いました

 

その部分をもっと深堀していくと、
この尼さんを浄霊することになりました。

 

尼さんの思いは届くことはなく生涯を終える

上に確認しながら浄霊をしていきます。

尼さんをもっと深くリーディングをしていくと悲しい顔をしている理由がだんだんとわかっていきました。

 

ここからは、夢物語を聞いているような感覚で読んでいただけたらと思います。

 

この尼さんは、私に呪いをかけていた人を慕っていたようでした。

時に仕事の仲間として
時に女性として
時に人として

色々な想いを抱いていたようでした。

前世を見に行った時、この尼さんや私に呪いをかけていた人が、世間的に良い事をしたとはお世辞でも言えません。むしろ、良くない事ばかりしていたように思います。

 

人を愛すカタチは間違っていましたが、そんな人生を送ってでも、人を純粋に愛し、愛情を純粋に求めていたのだと思います。

けれど、尼さんの想いは相手に届くことはなかったようでした。

想いを寄せる人は過去の私を大事にしていたのもあって、私に嫉妬の思いを抱き、生涯を終えたようでした。

 

その尼さんにしっかりお話し、行くべき場所に行くように言いうと、すんなりと承諾してくれました。

 

その時に一つの映像が流れました。

それは、水仙が一面に咲く、お寺の中庭のような池に木でできた道をひっそりと2人で歩いている姿です。隣には、うっすらと見える男性らしき人。

 

男性を見ては微笑む尼さんは、とても幸せそうな笑みを浮かべています。この笑顔の裏側には、きっと、色々と複雑な想いを胸に秘めていたのだと思います。

 

尼さんが行くべき場所へと見送り、この浄霊は終了となりました。

 

まとめ

さて、私に覆いかぶさっていたあの大きな黒い影は、尼さんが私に向けて呪文のようなものをしているために起きたことでした。

 

私に起きていた悪夢の原因の一つは呪い、そしてもう一つ、違った呪いが同時進行していたと言う事が新たに分かったのです。

 

この呪いは、もとは人の想いからできたもの。

人の想いは、時に恐ろしく、時に儚く、時に清いもの。

だからこそ、想いやエネルギーはしっかりと扱っていかなければ、危険な物となり、人を操り、人を簡単に呪うことも出来てしまうのでしょう。

 

エネルギーや想いに限らず、しっかり自分の心にも目を向けていきたいですね。

 

 

 

エネルギーアートが描けるようになるセミナー
・各セミナー情報

色々なスピリチュアルコンテンツ

 

●お問い合わせ●

コメント

タイトルとURLをコピーしました