現実から目を背ける人、背を向けるのは潜在意識のブロックかもしれない

天使のスピリチュアルブログ

誰しもが現実から目を背けたくなる事は直面しますよね。

私もありますよ、もちろん。

生きていれば一度はあるはずです。

けれど、現実から目を背け続けていても何も変わりません。 また、現実から目を背けてしまう人の傾向なんかもお話ししたいと思います。

 

現実から目を背ける人、背を向けるのは潜在意識のブロックかもしれない

背を向けたくなる事から背を向けていても解決はできないです。

 

背を向けたくなる事から逃げ続けていても、いずれは解決するのは自分だからです。

それが早く終わるか後に終わるか。

ただ、"時間"というものがあるので、時間が解決しやすくしてくれたりするのはあるのですが、どちらにせよ、 解決するのは自分、 責任をもっていくのは自分です。

 

それはですね、

自分の人生なんだから、
自分が時間を使うんだから、
ふつうに考えたらスピリチュアル云々ではなく、 当たり前の話だと思うんです。

けれど、どうしても背を向けたくなる事ってありますよね〜

  • 庭の草むしりとか…(笑)
  • 掃除サボってる所とか…(笑)

いやいや、職場、人間関係とか夫婦関係、嫁姑問題…などなど言い出したらキリがないですが、解決をしていかないと

のびのびとしていれないのも自分だったりします。

 

背を向けていることよりもその問題ごとを解決してのびのびと生きよう

あくまで相手や時間がかからないで解決できることに関しては解決した方が自分的にもプラスに感じます。

私が上で言った掃除なんかはいつまでも

 

あー…庭、そのうちジャングルになるんじゃないかなぁー(^∇^)

掃除をこのまましないと垢がついてめんどくさいことになるんだろーなー╰(*´︶`*)╯

 

なんて事を思いながら日々過ごしているよりか、解決した方が後々、楽なのは誰もがわかると思うんです。

だがしかし、これ、なかなか動けないのですよね( ゚Д゚)

 

けれど、動いた方が気持ちも楽ですし、

あー庭…ジャングル…

と思っている時間の方がもったいないと思いますので、解決を出来るだけ早く行うようにしていくこと。

私も頑張りたいと思います(笑)

 

相手ある問題ごとには時間が必要。

問題ごとに相手などがいる場合は時間が必要です。

こちらのタイミングもあれば相手側のタイミングもありますから、 出来るだけ早くと言っても難しいですよね。

また、ここに感情なんかが入り組んで来ると…とても大変です。

 

例えばお金が関わる問題や男女関係なんかは特にですよね。

最近、芸能界でも話題の不倫。

この不倫、実は繋がる先にもしかしたら関係があるのかもしれません。

 

類は友を呼び、繋がる場所を呼ぶのかもしれない

不倫関係が断ち切れないなどと言う人は、もしかすると、そういう人達が繋がってしまう場所に繋がってしまっている可能性があるかもしれないという事です。

 

  • 不倫というものに憧れている人
  • 既婚者の人を好きになってしまう傾向の人

 

などなどの人達が、繋がっている場所が実はあります。

この繋がっている場所、わかりやすく言ってしまうと、

ゲームセンターに集まる若者とかが繋がる場所、 飲み屋さんに集まるお客さんとかが繋がる場所。 私で言うと天界です。

 

私は自分で意識的に天界に繋がっていますが、

この不倫を好む人は無意識にまたは意識的にその場所に繋がりに行ってしまっています。

不倫に限らずですが、類は友を呼び、場所も呼ぶ(つながりに行ってしまう)んです。

 

解決策はある?繋がりを切る方法は?

 

今回は例として不倫というワードを上げましたが、

不倫に限らず、直らない癖のになっているなら、もしかすると潜在意識、つまり、自分の中に傷やブロックが存在し、過去世の問題なんかも関わっているのかもしれません。

その問題点が過去世にあるのなら、過去にできた傷を癒してあげることで改善に向けての風に乗っていけることができます(*’▽’)

 

まとめ

今回は、この潜在意識の癖について少しお話をしていきました。

潜在意識の癖は誰しもあり、この癖、ブロックなどがない人はだれ一人いません。

生きていれば、生きているというデータが積み重なります。
1時間前、1分前、1秒前…という風にデーターが積み重なっています。

ですので、この過去の書き換えを行ってみると、魔法を使ったように、このデータ上にできたブロックを解除していけたりするんです♪

 

 

エネルギーアートが描けるようになるセミナー
・各セミナー情報

色々なスピリチュアルコンテンツ

 

●お問い合わせ●

コメント

タイトルとURLをコピーしました