女の人の声が聞こえる動画・耳の異変・突然コップが割れる?/心霊スポットに行った後の悲劇。【PART1】

天使のスピリチュアルブログ

こんにちは。
本日のブログの内容は低い次元の事を書いていきます。
この事を書くには少し躊躇しましたが、これからスピリチュアルに関わっていく方にとってはとても良い事例ではないかと思い、書かせていただきたいと思います。

本日のテーマ
心霊スポットに立ち入ってはいけない。のちの悲劇。

というテーマで書いていきたいと思います。
本当に心霊スポットは行かない事をすすめます。

女の人の声が聞こえる動画。耳の異変。突然コップが割れる?/心霊スポットに行った後の悲劇。【PART1】

人は何故だか、心霊スポットには行きたがります。

行く理由は、場所の波動と自分の波動が似ているからと1言では語れません。

今回は、私の家族に起きた出来事を書いていきたいと思います。

この記事を読むと

“なぜ、心霊スポットに行ってはいけないのか。”

が伝わるといいなーと思いながら記事を作成しています。

 

首の痛みと無くなった自転車。

ある日の夜、うちの長男から電話がかかってきました。

さん
長男

自転車、盗まれた!
迎えに来て。

という電話。
かかってきた息子の声が少し遠いなぁーと思いつつ、息子を迎えに行きました。

駅まで向かう道でどうも左首が吊るような痛みが。

 

「姿勢でも悪くしたかなぁー」

なんて思いながらも息子を車に乗せると左の肩甲骨あたりも痛くなりました。

「こりゃ、ストレッチをし過ぎたのだろう。」
ぐらいに思っていまして、
家に着いた途端、息子がとんでもない事を口にしたのです。
※実際の会話を思い出しながら書いています。

 

さん
長男

ごめん、かぁさんに怒られる事した。

Bell
Bell

何?今更。日常茶飯事じゃん。

さん
長男

いや、まじで…ごめん。

Bell
Bell

何したん?

さん
長男

心霊スポット行った。

Bell
Bell

はぁ!????

私の家では、子供にはスピリチュアルな話はできるだけしないようにしています。そんな中でも、口うるさく言っていることがありました。

“心霊スポットに行っちゃいけない”
“夜・夜中にお墓や神社に行ってはいけない”

と言い続けていました。

 

首の痛みの原因は心霊スポットからの影響

息子の告白でこの首の痛みの原因はコレか。と思ったわけですが、
ここでプロテクトしてるのになんで痛くなるの?
という人もいると思います。

少しだけ書かせていただくと、
このように何かのエネルギーを受け取る時、個人差が出ます。
音が聞こえたり、または私のように軽い痛みが出たり。

文字だと難しいので、絵にするとこんな感じ。

この変化を何で受け取っているかという感じです^^

自分自身を守る、結界、プロテクト、次元を上げるとは?どれも欠けてはいけない、三本の矢。
私のブログで頻繁出てきている、 次元を上げる事。 結界。 プロテクト。この3つは、私が取り入れている朝のワークの中に入っているのですけども、自分自身で結界を張ったり、バリアをしたり、次元を上げたり…けれども、そもそも結界はわかるけど、

 

話は戻りますが、息子は私の説教を2時間近く聞き、

Bell
Bell

自転車が盗まれただけで良かったね。

さん
長男

え、なんで?

Bell
Bell

命じゃなくてよかった。

さん
長男

え、、そんなに?

Bell
Bell

…おのれ…なめんなよ( ゚Д゚)

さん
長男

はい、すいません。

Bell
Bell

いい?よく聞いて。
知らない人の家に勝手に入って冷蔵庫をのぞく?

さん
長男

のぞきません。

Bell
Bell

もし、それをあなたが現実的に行ったとしたら、捕まる行為なのはわかりますか?
息子よ。

さん
長男

はい。わかります。

Bell
Bell

もし、自分の家にされたらどう思う?

さん
長男

腹が立ちます。警察呼びます。

Bell
Bell

ですよね。
それと一緒で、勝手に幽霊さんの場所に行って君たちが大騒ぎして、勝手に気持ち悪がったら幽霊でなくとも怒るでしょ?

さん
長男

はい。おっしゃる通りです。
本当にすみません。

 

Bell
Bell

本当に愚かな事を…(-“-)

まぁ、でも、起きてしまった事をあーだこーだいうより、これからを考えなければいけないのだよ。

でも、怒られるの承知で隠さず言ってくれてありがとう。

 

さん
長男

…いや…
でも、その心霊スポットっぽくなかったんだよね。

俺は中には入らなかったんよ。入口で待ってた。

 

友達7人でそこに行ったんだけどね…

 

このように話をしている最中には、この件はここで終わりにする事はできないかもしれないと少し感じていました。

嫌な予感です。

 

Bell
Bell

いいか、息子よ。
もし、今日行った心霊スポットが本当にやばいのであれば、明日、一緒にそこに行った友達が状態が良くないはず。

さん
長男

体調?

Bell
Bell

それは言い切れない。
少し変だったり、もし、本当にやばいと怪我したり…
それがあったらすぐ教えなさい。

さん
長男

え、今みてよ(笑)

Bell
Bell

…ふざけてる?

あなた達が興味本位で勝手に心霊スポットに行ってこの事態を招いているのをわかってる?

自分達でしてしまったことはしっかりと自分自身で責任を取らなければいけないんだよ。

まさか、これから起こるかもしれない事を考えずに行ったの(心霊スポットへ)?

 

さん
長男

…いや、そんなにヤバくないと思ったしさ。

Bell
Bell

愚か。
自業自得。
少しは痛い目を見て反省しなさい。

こうやってきつく言うのも、見えない世界を軽く見過ぎていると何度も何度も同じ失敗を繰り返し、その度に危険な事、波動が下がっていったりと悪い方向にしか進みません。

この子(たち)が自分たちのしたことの重大さに気付かなければなんの解決にならないからです。

 

また、息子達が心霊スポットに入る前に、必死に止めてくれたお爺さんがいたそうです。

“とりあえずやめなさい。
悪い事は言わないからやめなさい。”

と大きな道路を挟んだ先で叫んで教えてくれていたそうなのですが、息子曰く、何で見えていたんだろうかというのです。

車の通りも激しく、外は暗いし、心霊スポットは少し奥ばった場所にあると言います。

それなのに自分たちにどうして気付いたのだろう。

と疑問になるような状況で声をかけてくれたそうです。

 

心霊スポットを映した動画には女性の声?それともドアの音?

それにしても、この時点で私の怒りはMaxです(笑)

心霊スポットが気になるのは若さなんでしょうけど・・・
刺激が欲しいという欲望に勝てず、心霊スポットに行ってしまったのでしょう。

さん
長男

友達はさ、昼間なら大丈夫じゃない?って言って明日また行こうって言ってるんだよね。
そこで花火しようとか言ってる。

再度、私の逆鱗に触れたのは間違いありません。

 

そして、二度目のお説教中、息子の携帯電話に1つの動画が送られてきました。

その動画は、心霊スポットに行った時に撮っていた動画。

動画の中身は撮っている物もブレブレで男の子たちがギャーギャー言って騒いでいるところしかないのですが、最後の何秒かにドアが開く音のようなキーという音が入っていました。

 

さん
長男

ドアがないのに開いた音がしたんだよ。

友達は声が聞こえたって言ってたし…

Bell
Bell

んー。
ドアの開く音というよりか女の人の声のような気もするけどな~。

さん
長男

え!?マジ?
この場所で殺人事件があったんだって。

Bell
Bell

へー
とりあえず、明日は花火をせずに早く帰宅してください。

さん
長男

はい。母上。

Bell
Bell

とりあえず…影響を受けていないかだけ見ようか。
ただし、条件がある。

さん
長男

何?

Bell
Bell

もぅ、心霊スポットは行かないって約束して。
じゃなければ、協力できない。

さん
長男

はい。誓います。

ペンデュラムで心霊スポットからの影響は受けていないか確認すると、NO。
受けていないとなります。

Bell
Bell

とりあえず、あなたには私がプロテクトをしてるし、家にいる限りはある程度回避できるから…
(ペンデュラムで確認中…)
影響は受けてないみたいだし…すぐすぐ対処はしなくもいいと思う。

 

さん
長男

そうなの?

Bell
Bell

ただ、プロテクトをしているからって望んで心霊スポットに行くのは間違いだからね。

 

それと、今日の出来事を振り返りすぎて、自分から(心霊スポットに)繋がりに行ってはいけないよ。

 

自分から居場所を知らしてるのと一緒だから。

 

さん
長男

ようは、考え過ぎるなという意味でしょうか?

Bell
Bell

そうです。
母は寝ます。

と言い、寝室に向かうと再度、首に吊るような痛みが来たのでプロテクトを自分と息子、家族にかけ直し、その日は眠りにつきました。

 

案の定の結果。嫌な予感が的中。次々に起こる心霊現象。

その次の日、
息子は約束通りに心霊スポットには行かず、早めの帰宅をしました。

帰宅した息子の口からは

さん
長男

一緒に行った友達がさ、心霊スポット行こうって言ってさ。

Bell
Bell

はぁー?(呆)

んで?

さん
長男

それが行こうっていう理由がヤバいんだよ、
〇〇君(一緒に心霊スポットに行った友達の名前)がさ、

 

「あそこに行けば(心霊スポット)楽に死ねる気がする。」

って言い出したんだよ。
しかも、
一人だけじゃなくて、△△君(一緒に心霊スポットに行った友達の名前)も同じ事言い出して。

Bell
Bell

体調とかの変化は?

さん
長男

いや、その辺は分からないけど、でもみんなテンションが低くてさ。

あ、気持ち悪いって言ってた。

友達はまだ学校にいたけど…

大丈夫かな?

 

Bell
Bell

昨日、そんな場所(心霊スポット)に行ったから気の持ちようってのもあると思うよ。…

とこの時は会話は終わりました。
が、その日の夜、ある一本の電話がこの事態の危険さを知ることになりました。

 

家の中で勝手にコップが割れた?耳に異様な圧と音。

さん
長男

かぁさん!
〇〇君から電話きて、ずっと耳が変なんだって。
で、家でコップがいきなり割れたらしい。

Bell
Bell

え?←寝室でストレッチ中(笑)

 

コップが割れたって…いつ?

 

さん
長男

俺らが心霊スポット行ってる時間帯みたい。

今さっき家に帰宅したら、家族から伝えられたって…。

 

そんで、今、気持ちが悪くて、耳がおかしいって言うんだけど…

 

と今日一日の一連の出来事を息子を通して教えてもらい、
お友達には、

  • 「もぅ、心霊スポットは行かないほうがいいよ。」
  • 「昨日のことはあまり考えず、自分がテンションの上がる事をして今日は過ごして。」

といくつか息子に言った言葉と同じ事を伝えると、

気持ち悪いのが取れてきたらしく電話を切りましたが、
その時、私の中では

“あー…これ、
対処しないと下手したら…怪我人だけじゃ済まないな…”

という嫌な予感が確信へと変わっていきました。

 

心霊スポットからの影響を1つずつ解決へと導いていく。

Bell
Bell

息子よ、約束して。
もぅ、絶対に心霊スポットに自ら望んで行かないって。

約束するなら、今回限りは協力する。
けれど、約束できないなら自分で行った責任を自分でとるしかない。

といつになく本気な私を見た息子もことの事態を理解したようです。
こんな風に約束を子供達に求めるような言い方はしないので驚いていました。

さん
長男

わかった。

本当に約束するよ。

まさか、こんなことになるなんて思いもしなかった。

ごめん、かぁさん。
迷惑かけて。

Bell
Bell

これから同じ過ちを起こさないならいいよ。

ただ、今回限りしか協力はしないからね。

 

とりあえず、
今どんな状況になっているのか、天界から見てやっていいとなるかを確認しなきゃいけないけど…

と見ると、
天界としてやる事ではないが、放っておいてはいけない。となります。

私がこの件を収束してよいか?
とペンデュラムを振ると、YES。

Ranちゃんに連絡をし、

Bell
Bell

ねぇ、時間ある時に少し確認して欲しいことがある。

うちの息子がさ…

と事の流れを言い、
Ranちゃんに

  • 天界はこの件に対して私が対処してよいか?
  • 放っておいてよいか?

といくつか確認をしてもらいました。

確認をしてもらう理由は、
自分の欲望が関わっている可能性(大きい事をして目立ちたいなど)があったり、万が一、操作されている可能性もある為、大きな事をする際は必ず確認をしてもらいます。

Ranちゃん
Ranちゃん

うん、やっていいってなるし、放っておいたら良くないと思う。
手伝うよ。

Bell
Bell

いや、夜も遅いし、明日でもいいんだけど。

Ranちゃん
Ranちゃん

私は夜の方が良いな。それに、早くやらないといけないように思うよ。

Bell
Bell

では、少し私にお力添えいただけますか?

Ranちゃん
Ranちゃん

ほいさー

と始まったリーディング会。
開始時間は夜の10時半。

そこから、影響を与える者と向き合う作業に進みました。

この先で起きたことは次回、書いていきたいと思います。

 

 

天界に繋がる方法・自分を守る方法・リーディング方法・過去の書き換え方法などエネルギーワーカーとして必要な技術が詰まったセミナー。
 
 
エネルギーアートを描き、誰かをそっと癒したい。エネルギーアートを描きたい人向けのセミナー

 
あなたの前世を見に行き、絵に起こします。

 

●お問い合わせ●

コメント

タイトルとURLをコピーしました