心の余裕を作る方法はたまにサボること。その方法とは?

天使のスピリチュアルブログ

心に余裕がなくなると人にやさしくなれなかったり、時にはケンカになったりしてしましますよね。

それはもしかしたら、心に余裕がないからかもしれません。

今日は私の心に余裕を作る方法、
【サボる】についてお話していきたいと思います。

 

心の余裕を作る方法はたまにサボること。その方法とは?

その方法とはズバリ、【サボる】です。

 

サボるって聞くと悪いことをしているように感じますね。
でも、私はサボるということは大事に思うのです。

エネルギーを測ることもそうですが、あまりにも力を入れすぎてしまうと、うまくできなかったりしてしまいます。

頑張り続ける事も大事です。
その中で少しだけ息抜きをしていかなければいけませんね。

その息抜きの方法が私の場合は【サボる】です。

 

サボることはで得られるものとは?

 

これは実体験をもとにですが、適度にサボった方が得られる事はたくさんありました。

 

それは、クリーンな気持ちでまた取り組む事ができるからです。

"受験生とかもそうだと思うんですが、一日中ずっと勉強できるか?"

って言ったら無理ですし、

"仕事だって休憩なしに仕事ができるか?"

といえばはじめは出来ても、次第にできなくなります。
だから休憩を挟むんですよね。

 

サボることは悪いこと。そう私自身思っていた過去

サボる=悪いこと

ってマイナスなイメージが強いです。

サボる事はダメな事。
という概念が残念ながら世の中では植え付けられています(꒪д꒪)

以前の私も実はそうでした。

 

サボっているのは不真面目。因果応報と関係ある?

サボる=不真面目

という考えだったからです。

真面目に生きていけばいつか良いことがある。

と思っていました。

 

悪いことをすれば悪いことで返ってくる。
良いことをすれば良いこととして返ってくる。

 

因果応報です。

ですが、これは全部が因果応報と言ってしまうのは簡単すぎてしまいます。

確かに因果応報はありますが、その他にも潜在意識や家系の呪いや憑依なんかで、運勢ってだいぶ変わってくるからです。

呪いなんて気づかない所で事が進んでるので、気づくことさえできずに、

"自分の人生は不幸にだと思うとか
私はなんて運が悪いんだろう。"

と思うようになります。

全部が全部、因果応報という事では片づけられません。

 

全てを真面目に逃げずに行っていくだけではなく、時に少しだけ忘れてまた頑張る強さを補うことも必要だと思うのです。

それが私の中のサボるです(*´▽`*)

気を抜いて、次に備えよう。という考えです。

 

 

エネルギーを測る時もサボる気持ちのリラックス感が必要

エネルギーを測るときって集中力が必要だったりします。

それは妄想が入っていないかを確認しながら行わなければいけないからです。

妄想が入って行ってしまうと、エネルギーを測っていく上では上手くいかなくなっていきます。

過去の書き換えの際もそうですが、上手く事が進まなかったり、こんな過去であってほしいという気持ちが入りやすくなって

しまいには妄想となってしまいます。

その妄想が入りやすくなるのは、しっかり確認をしない事から始まり、確認しないがために、ペンデュラムはあやふやな答えを出している事にも気づかなくなります。

ペンデュラム でYESと振れているからとそのYESにまた質問を投げかけ、妄想が妄想を呼び、結果、妄想の答えになります。

これは力を入れすぎているからです。

 

もっと力を入れず、無に近い状態でリーディングしていく事が重要です。

時たま、またはこまめに"自分の気持ちが入っていないか。"を確認しながらしていかなければいけません。

ですから、

気を入れすぎてもいけませんし、少しサボる感覚で気を抜かした感じですと、意外に進んだりします。

 

頭で考えず、気構えせずにポカーンとした状態でやることを私のところではおススメしています。

 

 

キャパオーバーした心の中に空間を作る。心に余裕を作る

 

私はサボるという行動をとる事はキャパオーバーした心にほんのわずかですが、隙間をつくると思っています。

何故なら、その隙間がある事で余裕を作り、客観的に自分を見ることが出来たり、アイディアなんかも生まれると思うからです。

 

時間に追われてキャパオーバーしているなら、ちょっと早く起きて時間を作るとか

仕事に追われてるなら思い切って一日中休むとか。

これをいうと

□□さん

時間がないんだから、少しでも寝てたいんだよ!

???

仕事が休めるわけないじゃん

という声がありそうですが、時間が無くて寝る時間が欲しいなら、少しでも早く寝れる環境を作る事をしたり、

そんなにまじめに仕事してるなら一日ぐらい半休やリフレッシュ休暇として休んだっていいと思います。

稼がなきゃと言う気持ち、会社休めないよ!と様々な理由もあるでしょう。会社が休めないという気持ちも勿論わかります!

私も社会経験ありますから。

 

けど、その1日分のお給料とそのリフレッシュ出来た自分の満足度と比べたらどうでしょうか?

 

その一日を休んだことにより次の日からの仕事のパフォーマンスが良くなれば、それこそ価値のある時間だと思うんですよね。

寝る間をおしめとか、仕事を休むことを推薦している訳ではなく、少しの工夫が心の余裕を作る方法です。

心の隙間を作る事を日々の生活に役立たせてみてはいかがでしょう(*^^*)?

 

まとめ

今日はサボるということを少しお話ししてみました。

サボるってどうしてもマイナスのイメージが強いですが、私はむしろ好きな言葉です。

サボりっぱなしは癖が付きますから良くはありませんが、

"たまには"

という感覚でサボるのもありだと思っています。

 

掃除を1日サボって、子ども達と遊んでみたり
ご飯のおかずを作るのをサボってみんなでおにぎりを作って食べてみたり
お化粧を一日サボって家でゆっくり休んでみたり
お酒を飲むのを1日サボって肝臓を休めたり
残業をしないで帰ってDVDを観たり…

 

身近なところから心の余裕がでるサボりをしてみてはいかがでしょうか?^^

 

 

エネルギーアートが描けるようになるセミナー
・各セミナー情報

色々なスピリチュアルコンテンツ

 

●お問い合わせ●

コメント

タイトルとURLをコピーしました