スピリチュアルの世界に入るまで②霊媒師さんに相談した体験談

天使のスピリチュアルブログ

 

怪奇現象や霊障、幽霊にあった事をがある人は沢山いらっしゃると思います。

私も、結婚が決まってからと言うもの、初めてに近い怪奇現象を実際に体験しました。

そして、その霊障と向き合おうと行動に出ていくのですが…

 

霊感のない私がスピリチュアルの世界に入るまで②霊媒師さんに相談した体験談

霊障や怪奇現象が続いき、体力の限界も感じていました。

その中、たくさんの霊媒師さんなどに会いにいくのですが、なんとも不思議な方もいれば、言われた通りに行っても、霊障などは変わる事はありませんでした。

今日の記事は、霊媒師さんに会った時のお話をしてみたいと思います。

 

めての霊媒師を訪ねた時の体験談

  この状況を見るに見かねて私と主人の上司が個人的に相談をしていた霊能者さんを紹介してくれました。
  そこへは上司と主人と私の3人で相談に行くことになり、私は藁にもすがる思いで向かいました。
???
霊媒師さん

貴方(主人をみて)は女の人が4人ついてるね

〇〇
主人

え?!

???
霊媒師さん

ちょっと待ってて

 と言って、主人の背中に何かをして、お札を張ったようでした。全ての除霊を終えて・・・
旦那や上司とばかり話しをして姓名判断やら運気やらを話しをして、結局相談したい事の解決はしませんでした。最終的には
???
霊媒師さん

この子は(Bellをみて)ダメだ。

姓名判断で全くもって良い運勢でわない。

君(主人)の運勢まで悪くしてしまう!

 

と言われて目が点になったのを覚えています。
相談したかった怪奇現象の話には全く触れず、無駄足だったかもと思うぐらいでした。

 

  それからも相談できる人を探しまわりました。何人に相談したんだろうか。数えられません。
その度に、 “自分とは正常なのだろうか?” と言う疑問。
自分自身が信じられなくなりかけていました

 

一時的に怪奇現象がおさまる

ある日、たまたま知り合った人が除霊などを専門的にやっていると聞き、その人にアドバイスをもらい、怪奇現象は一時期おさまりました。

  良かれと思ってやっていた盛り塩が霊道を塞いでしまい、そこから出れなくなった霊達が必死に訴えていたのが怪奇現象を招いた一つの原因でした。
怪奇現象も落ち着いた頃、夜も寝れるようになり、悪夢にもうなされることは無く、普通の日常を送れるようになっていました。

ある日、ふとした時に主人の親戚の人がパッと思い浮かび、何かを感じました。

 

Bell
Bell

あれ?…もしかして〇〇さん、赤ちゃんできたのかな?

そこから何日か経ち、忘れかけていた頃、親戚の●●さんからの電話で

???
●●さん

実はね、〇〇が妊娠したんですって。

あ、やっぱりな!と思いましたが、知らないふりをしました。何故なら、●●さんはスピリチュアルな話はもっぱら苦手だからです。

お祝いの言葉を言って電話を切りましたが、とても不思議な感覚でした。

こう言うお知らせなら嬉しいのになと思ったBellでした^ ^

 

  そこから主人の転勤が決まり、約5年間は茨城県のあちらこちらに行きました^ ^
家族も増え、子どもは3人になり育てる環境は申し分ないのですが、主人の転勤が多いため、地元で暮らして行こうと埼玉に戻ってきました。
 茨城県にいる間は、不思議な感覚や怪奇現象はありましたが、以前のような怪奇現象ではなく通常に暮らせるようになっていました。

地元に戻った時から起き始めた怪奇現象

地元に戻り、引っ越しの荷物の整理が大体できた頃、また怪奇現象が起き始めました。
以前よりも怪奇現象の頻度は少なくなったものの、起こる内容の濃さが増していました。
戻って来た瞬間にどんな怪奇現象が始まったのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました