天界からのメッセージ ー花咲く場所ー

天使のスピリチュアルブログ

本日は天界からのメッセージです^^

前回は育むという、私たちにとって何を育むべきなのかをというメッセージでした。

本日のメッセージをくれたのはさわやかなお花を持つイケメン神様。

その神様からのメッセージは自分のいるポジションの事に関して言っていました。

神様はなんといったのでしょうか^^

続きをどうぞ♪

天界からのメッセージ -育むー
本日は天界からのメッセージです^^人は何かの感情を理解しようとすることは自分がその感情を知らなければ、理解してあげる事は難しいですよね。そんな心の影の部分にメッセージをもらいました。
天界からのメッセージ ー手放す勇気ー
今日は、天界からのメッセージです^^今回は神様がメッセージをくれました。自分はこだわり過ぎてしまう人は見てみてください ^^
天界からのメッセージ -ある女神から-
今日は、天界に上がったときに私が会った女神から言われた言葉を今日はお話したいと思います。
天界からのメッセージ -私たちへー
年も明け、天界に行き新年に対してメッセージがないか調べてきました。すると私たち、ライトワーカーに向けてのメッセージもありました。
天界からのメッセージ ー勇気の出ない人へー
私は毎朝、天界に必ず行きます。ですが、たまに天使が遊びに来ては心に残るメッセージを残していってくれます。今日は、その言葉を書きたいと思います。。

天界からのメッセージ  -花咲く場所-

今日のブログの内容は決まっているか?

といつも投稿する前に天界に確認してから記事の作成に入るのですが、本日のブログの内容はしっかり決まっているという事だったので、今日のブログについてリーディングしていました。

メッセージ

という言葉が降りてきました。

Finn
Finn

もしかして天界のメッセージかな?
→YES

メッセージくれる人は決まっている?
→YES

 

実は数日前まで【芽・種】というキーワードが降りてきていたのでそれに関連してるんだろうなーと思っていたのですが、まさに関連していました ^^

 

ベビーイエローの光の先にはイケメンな神様

いつものように天界に上がると、ベビーイエローのような光が見えました。

その光の先に目を向けると淡い水色。

 

Finn
Finn

なんか光ってる…神様っぽいな。

神様?
→YES

だよね。
アナタが今回メッセージをくれるのですか?

 

神様

はい、そうですよ。

Finn
Finn

では、お願いします(‘ω’)ノ

するとその神様は手もとに何かを持っていました。
紫とピンクの素敵な花たちです。

その花たちを大事そうに手をあてると、その花たちは輝きだしました。

その花たちを甕のような入れ物にいれたのです。するとその花たちのまわりに笑顔が見えました。

 

花束が出来たとき、何本の花がそこにありますか?

花には限りがある。

切って、飾られた花たちには人を和ませる力がある。
野生に咲く花たちには力強さを感じるであろう。

この花たちは、咲く場所は違えど、咲くことができる。
アナタはどこで咲くのか?

花たちは場所を選ぶことはできないが、アナタたちは咲く場所を選ぶことが出来る。

アナタはどこで咲くのだ?

私は思っている。
咲いてほしい、咲かせてほしい。

この花たちに共通なものはなんでだろうか。

そう、花は散る。枯れるであろう。
それをアナタたちは【死・無】と思うのだろう。
でもそれは、終わりではない。

しっかり種は残る。たくさんの種を植え、
たくさんの花を育て、
一つの花束が出来たとき何本の花があるのか。
数は少なくとも、しっかりとした花であるのか。

そこに意味があり、本当の種になる。

 

Finnが解釈すると…

この神様が表現する咲く場所という人生、人生を楽しむという事のように感じます。

そして、伝えたいことは2つ。

  1. 自分が咲く場所は自分で選ぶことができ、環境は違くても自分の人生は自分自身良いものにできる。
  2. 私たちでいう、人生は1本の花のようではない。たくさんの花を咲かせ、花束にしたときにどれぐらいの花になるかというのが人生であり、経験や豊かさを積みなさいという事。

 

1つずつ解釈してみます ^^

 

花咲く場所は自分で選べる

1つ目の【自分が咲く場所】というのは自分がいる環境ではないかと思うんですね。

私たちは生まれるところから選択して生きてきています。

その中で、どうしても今の力では抜け出すことが出来ない環境ってありますよね。

例えば、私で表すと腰があまり良くないので、長い歩行をしてしまうと次の日にこたえてしまうんですが、それでは運動不足になってしまいます。

ですから、家にいても腰のまわりの筋肉をつける筋トレやあまり腰に負担がないストレッチをしたり、少しずつ普通に生活ができるように試行錯誤をしながら生活をしています。

その効果もあってか、だんだんと以前とあまり変わらない生活を送ることが出来ています。

このように、制限がある中でどのように生きていくか?が重要という事を言っていると思うのです。

  • 腰が痛いから寝てばかりいるのか、
  • 腰痛に効く薬に頼るのか、
  • 少しずつ歩く事から始めるのか

同じ制限がある中で取っていく方法が違うというだけでこんなにもその先の未来が違ってきます。

自分の思考、行動で自分の未来の豊かさは無限大にも変わっていく。

だから、しっかり自分の人生をいいものに咲かせてほしいのだと思います。

 

花束が出来たときにある花は?

2つ目の花は1本ではないというのは、私たちの人生は1本の花で表現されることが多いですよね。

綺麗に咲いているときは花の20代という言葉があるぐらいですから。
じゃあ、30、40,50、60代と花ではないという意味になるの?

と実際、思っていたのですが、

この神様はそうではないといいます。
花束がその人の一生だと

神様は花束になったときと言っていますが、この花束というのは私たちがこの世を去ったときの事だという事。肉体を無くしたとき。

そのできた花束は何本の花があるか?というところが重要と言っています。

つまり、花を咲かせられる場所というのは無限大にある。
その場所でどれだけの花を咲かせられるかという事。

 

そんな場所どこだよ(; ・`д・´)!!

 

という声がありそうですが、ここで1つ考えてほしいです。

アナタが普段生活する中で、接している人との関係を。

もっと砕くと例えば、仕事場、家族、友人、親友、知人、学校、親戚…。

たくさんあります。
もっと枝分かれしていくと、家族の中でも主人と自分の関係という場所。

子供たちとの関係という場所。

もっと枝分かれしていくと、長男との関係という場所、次男との関係という場所、三男との関係という場所…

たくさんの種を蒔く場所があります。
知らないだけで、見えていないだけなんですね。

ようは、そのグループ、その人個人とどのような関係を持ち、経験を積み、どのような事をその人と学んだか。(1つ目と被る部分がありますが、蒔く場所は自分で選ぶことが出来ます。)

そして出来上がるのが、1本の花という事です。

本数は多ければいいわけではないといいます。
それもそうです。
経験を積んでもいない花はきっとすぐに枯れてしまします。

本数ではなく、その花の持つ強さがなければ意味はありません。

その花が花束になったとき、初めて次に繋がる種が出来上がるのだと思います。

 

まとめ

今回はイケメン神様がメッセージをくれました。

神様は、色々な所で自分というもの、自分の人生を豊かにしてほしいといいます。

また、自分の人生は自分次第で無限にも可能性はあるという事。
自分の未来を豊かにできるのも自分次第という事。

1度の人生=1本の花ではなく
1度の人生=何本もの花で出来上がる花束

1度花が散ってしまったからと諦めないでほしい。何度でも挑戦できる場所はある。

というのを知ってほしかったのかもしれません。

種を蒔く事、今からでも遅くはないんです。

いくつになっても、年齢を重ねたからこそできる事はあるんですから 。

 

エネルギーアートが描けるようになるセミナー
・各セミナー情報

色々なスピリチュアルコンテンツ

 

●お問い合わせ●

コメント

タイトルとURLをコピーしました