好きな人の子供を産むことを夢みて、格差という壁に涙をのんだ前世の記憶。

お客様からの感想

 

今では、恋愛に関して、昔に比べると、自由に行えるようになってきましたね。

今回、ご紹介させていただくお客様は、F様。

前世に格差の片思いに涙を流した前世の記憶を持っていらっしゃいました。

リーディングしている最中、胸がキュウと締め付けられるようでした。

 

今では、当たり前なことも、少し前に遡れば、当たり前でないといことに気づかされます。

それでは、続きをどうぞ。

掲載内容やイラストの掲載許可はご本人様に直接いただいております。
お客様にお送りした内容を箇条書き・まとめ載せていますので、実際にお送りした内容とは違う点もございますがご了承ください。

好きな人の子供を産むことを夢みて、格差という壁に涙をのんだ前世の記憶。

リーディング結果
----------------

潜在意識に繋がろうとすると、繋がりきる前に一枚の大きな絵画が現れました。
絵画に描かれているのは、こどもの天使と男性が手を伸ばし合っている絵。
左端に天使、右上に男性。
手が届きそうで届かない絵が見えます。
何か訴え掛けているような印象を受けますが、どうやら、前世の人が住んでいたお屋敷にあったようです。

 

映像は変わり、髪の毛は栗毛色を少し明るくしたような色。

ポニーテールのように後ろで縛っている若い女性がみえます。
服はオレンジ色のようなワンピース。
エプロンをつけて、洗面台のような場所にたたずんでいます。

自分の手の方向をみては、笑顔で何かをしています。
角度を変えて、手元を見てみます。

すると、生まれてまだ首の座っていない赤ちゃんの体を優しく洗っています。

体を思うように動かせられない赤ちゃんは、前世の人の手の中で一生懸命、呼吸を繰り返しています。

そんな姿をみて、微笑ましく、赤ちゃんに話しかけては、水を布に濡らして優しくふいています。
柔らかい笑顔の女性。

骨格がしっかりしており、とても賢そうなお顔立ち。
肌は白く、ほんのりピンクが入っているような肌色。

顎のラインがスッとしていて、目はグリーンっぽいグレー。小さめでありながらも、印象的な目をされています。
この人がF様の前世の人のようです。

子守歌を歌いながらも、悲しみの感情が流れ出る。

前世の人がどのような人生を送っていたのかを時間を巻き戻し、進めながら見ていきます。
大きな出窓のような場所へ彼女は座ります。

赤ちゃんを抱えながら、子守唄を歌っているのでしょうか。

安眠や安心といったホッとするようなエネルギーでいっぱいです。

トントン

一定のリズムで赤ちゃんの背中をさすり、窓から外を見渡していました。

お部屋は、大きく、家具などが立派なものが多く見えます。街並みや服装を見ても、日本ではありません。

おそらく、中世ヨーロッパあたりではないかと思います。また、絵画もたくさんあり、富裕層だというのがわかります。

ただ、彼女から伝わってくるのは、“悲しみ”という感情が流れ込んでくるんです。

すると、彼女からこんな心の声が聞こえてきました。

『求められれば、許すしかないわ。
私はそれが幸せであるのだから…』

と聞こえてきます。
赤ちゃんを抱っこし、優しい笑顔をしているのに、こんな声が聞こえてくるんです。

朝を迎えれば、ピリオドが打たれる関係を求められ、強がりながらも幸せを噛みしめた時間。

映像は切り替わりました。
ある男性が部屋の中に入ってくる姿です。

煌びやかな暖色系の服に、ゴールドの模様が印象的なお洋服を着て、頭は白い優雅なイメージを与える髪型。
男性は、前世の人へ近寄り、そっと抱き寄せます。

映像が切り替わり、白い体が何段もひだを重ねた布の上に転がって、男性は服の袖に手を通し、すっと立ち上がって消えていきます。

白い体は、前世の人だとすぐにわかりました。
去っていった男性は、あの煌びやかな格好をした男性でしょう。

男性からは、そこに愛という感情ではなく、冷たい、素気なさが伝わってきます。

夜が明けると共にこの関係にピリオドが打たれるのでしょう。

そんな彼を前世の人は、目を瞑って眠っているフリをして送り出します。
彼女は、【恋心】を抱いていたようです。

切ない感情が溢れ出すとともに涙も一緒に流れ落ちていきました。

彼への想いをまるで
『あなたへの愛はないのよ』と演じるように隠して。

子供に囲まれ、好きな人のこどもを愛情いっぱいで育てる、乳母。

そこで私は、ふと、気になったことがありました。男性と前世の人との服装の違いを感じたのです。
彼女の決して煌びやかなドレスではありません。

どちらかと言うと、動きやすさを重視した服装。

富裕層なお部屋にいるにもかかわらず、この違いはなんだろうかと疑問を持ったのです。
そこから更に深くリーディングをしていきました。

 

そこでわかった事は、前世の人は、乳母さんのようなことをされていました。恋心を抱く男性が所有する、お屋敷のある一部屋で、身分の高い女性のこどもを預かっていたのです。

好きな人のこどもを産む幸せを夢みて、愛を夢見ていた前世の人。

彼への恋心を必死に抑え込んでいる彼女は、想いが伝わることがないのだと思いながらも、求められれば、体を重ねることを選び、そこに幸せを見出し、

自分に“この関係は本当に良いのか”と自問自答をしながらも、彼を求めてしまう、どうしようもない悲しみが湧いていたようです。

ひと時のこの幸せが本物になる事を祈っていたのかもしれません。


前世の人が話してくれました。


『私は、彼の子どもを産むことができません。
だから、この子が私と彼の子だと思っているのです。

おかしいでしょ?
私には愛おしいのです。
どうしょもないしがらみがあっても、愛は愛なのですね。』

彼女には、少し性的なコンプレックスも抱えていたようにとれます。
『こんな』『どうせ』という言葉が繰り返され、閉鎖的な部分が伝わってきていたからです。

愛されるべき。と前世の人は、今の自分に伝えたかった言葉は、まるで自分にも訴えているように感じた。

前世の人に今のF様へ伝えたいことがないかを聞いてみます。

『解放されるべきよ。
そして、愛するべき。
私はこんな風な幸せを選んでしまったけれどね。』

そこに一つの映像が入ってきました。
男性と奥さんでしょうか。
椅子に座り、赤ちゃんを抱っこしている光景を後ろの方で、前で手を重ねて見ている前世の人。


人形かと思うぐらい、感情がみえません。
どんな思いで彼らを見ていたのでしょうか。
どんな思いで気持ちを押し込めていたのでしょうか。私には想像もつきません。

ただ、彼女の目だけは、ウソをつくことができなかったようです。
目から溢れる涙。

ふと前世の人の言葉で意識が戻されます。

『愛する人のこどもを産めるのは、どれだけ幸せなことなのでしょうね。』

「…生むことは?」

『私は産めないの。いえ、産んではいけないのよ』

この時代背景は、女性の意見なんて全く通らず、上流階級の人と一般の人では、扱いの違いが多かったのでしょう。

『愛される人になりなさい。
素直になりなさい。
強がって生きるのは、もう懲り懲りだから。


素直に生きるとは、なかなか難しいものです。ただ、強がらず、素直に生きていく事を前世の人はF様に伝えたいのかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

後日、お客様から感想をいただきました。

ご紹介させていただきますね^^

関連記事

前世の記憶には、供養の旅でたくさんの人を癒やす尼さんの記憶が。
本日書いていく記事は、前世トリップでのお客様からいただいた感想や、リーディングをシェアさせていただきます。T様の前世は、尼さんの記憶を持っていた方でした。誰かの為の生き方でした。
大切な物を届けるマーメイドのメッセンジャー。そして今世も。
本日は、前世トリップにお申込みいただきました、O様という方から感想をいただきましたので、皆様にご紹介させていただきたいと思います。O様の前世を見にいった先には、人魚の姿と淡く水彩絵の具のような世界が広がっていました。それでは、続きをどうぞ^

とてもリンクするところがあって驚いた。今の自分にぴったりな言葉をもらえました!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!
リーディングありがとうございました。

 すごくリンクするところがあっておどろきました。

わたしが学んできた性教育は、子どものこともですが大人向けのものもあり、女性性の開花も目的としています。そしてわたし自身ここ1年半ほど自分の女性性に向き合ってきました。


保育士という仕事も、自分の子ではない子を世話する仕事ですし、なんだかすごくリンクするというか・・・。

そして、我が子を産んでからというもの、我が子を預けて他人の子を世話することへの葛藤が強くなったこともあります。

前世の人から、今の自分にぴったりな言葉をもらいました!

「強がることは辞めて素直になりなさい。」もうまさしくわたしにぴったりの言葉です。

強がりで頼ることが苦手。

だけど、1人ではできないことやしたくないこと少しずつ手放したり、他の人に頼ったりして一緒にしてもらったり、自分が本当にしたいことをやったり・・・。

自分自身、周りにも素直になることを始めます。自分自身を愛して。

少しずつですが自分自身に素直に、そして周りにも素直になることを始めています

わたしはわたしのままでいいし、自分自身を愛して、周りなんて関係なく大切な人を大切にして、それでいいんだなぁと背中を押してもらえました!
ありがとうございました(*^^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

という感想をいただきました。

F様が言うように、私達も、自分自身を愛することが大事です。

 

私達は、知らず知らずのうちに、周りの意見にそろえようとして生きていこうとします。

適応しいこうとするのですが、それが潜在意識とうまく歩幅をあわすことが出来ない原因の1つでもあります。

生きて行く為に、適応しようとしているのに、我慢をし過ぎてしまうと歩幅は合わなくなってしまうという、なんとも難しい(笑)

だからこそ、自分を愛して、大切にしていくことが大事なんです^^

愛の波動は伝わり、周りの波動も上がる。愛する事が分からない人へ。
最近、息子の影響で韓国のアイドルの番組を見た時、この人達のエネルギーに衝撃を受けまして、「このアイドルグループのエネルギーの一体感がすごい」※リーディングをして言っているわけじゃありません。と結束が強そうだよね~というのを伝えたつもりだった

 

それでは、素敵な1日をお過ごしください°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

・*。・゜.*+.。゜゜・**。・゜

天使のパワーストーン・エネルギーアートSHOP
天使のパワーストーン・エネルギーアートSHOP
天使のパワーストーン・エネルギーアートSHOP
天使のパワーストーン・エネルギーアートSHOP
天使のパワーストーン・エネルギーアートSHOP

天使のパワーストーン・
エネルギーアートSHOP

・*。・.*+.。゜゜・*

 

ーお問い合わせー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました